【ポケユナ】味方から”これ”やられたら試合放棄するようにしてるwww

2021年11月29日
395 名前:イーブイ速報:2021/11/28(日) 13:24:06.39 ID:DVb

ピン連打されたら試合放棄してる
ピン連打してくるようなのと一緒に戦いたくないしね。
みんなピン連打されたら放棄するようにしたほうがいいと思う。そしたらピン連打するやつが地雷って印象が根付いていってピン連打減るだろうから

引用元:https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/poke/1637980833/

399 名前:イーブイ速報:2021/11/28(日) 13:25:50.93 ID:6yV

>>395
他の味方からしたら煽られただけで試合放棄するなよゴミってなるだけだけどな

400 名前:イーブイ速報:2021/11/28(日) 13:26:25.53 ID:DVb

>>399
ピン連打正当化きも…w

414 名前:イーブイ速報:2021/11/28(日) 13:34:02.19 ID:+k/

ピン刺しまくるうるさいゴミとその程度で捨てゲー始めるゴミ以下の地雷雑魚引いた味方3人の気持ちを15字以下で答えよ

423 名前:イーブイ速報:2021/11/28(日) 13:38:39.80 ID:Ryf

>>414
勝てたらなんでもいいや

425 名前:イーブイ速報:2021/11/28(日) 13:39:14.29 ID:DVb

>>414
え?レート1300でゴミ以下の地雷雑魚なの。w

428 名前:イーブイ速報:2021/11/28(日) 13:40:23.28 ID:+k/

>>425
レート2000あってもその試合の味方からしたら捨てゲーするゴミ以下の雑魚地雷だよね?
頭悪いの?

433 名前:イーブイ速報:2021/11/28(日) 13:41:18.07 ID:48l

>>428
こいつ1200無さそう

439 名前:イーブイ速報:2021/11/28(日) 13:42:41.99 ID:DVb

>>428
ピン連打は「その程度」程度の行為じゃないので。
レート1300の健常者の僕でもピン連打されたらレート捨てて試合放棄するくらいにはピン連打は悪質な行為だよ。

401 名前:イーブイ速報:2021/11/28(日) 13:27:23.74 ID:eVr

ピン刺されてる理由について考えたことは?

406 名前:イーブイ速報:2021/11/28(日) 13:30:22.74 ID:DVb

>>401
やるにしてもせめて一回くらいで明らかな地雷行為してる時だけだよね
特に地雷行為してるわけでもないのに連打してくるようなのがこのゲームわんさかいるんだよね

402 名前:イーブイ速報:2021/11/28(日) 13:28:18.05 ID:o4E

ピン刺し衝動が抑えられんのや

417 名前:イーブイ速報:2021/11/28(日) 13:34:22.65 ID:U61

援護ピン見た瞬間すぐ頭に血上るガイジが最低1人はいる事が確定するから最悪
炊かれた奴は不貞腐れてトロールし始めるし味方は萎えるしいい事ない

418 名前:イーブイ速報:2021/11/28(日) 13:34:44.21 ID:NPW

援護ピンはほんとにこいつ助けてあげてって意味で使うやつがいたりオブジェクトに使おうとしたらプレイヤーにピン行ったりする場合があるから煽りなのかわからん時があるのがな…

449 名前:イーブイ速報:2021/11/28(日) 13:46:50.09 ID:eE/

>>418
そういうまともなのものを機能しなくするって意味では、煽りで援護ピン使うやつは根っこに利敵精神があるわ

421 名前:イーブイ速報:2021/11/28(日) 13:37:58.07 ID:T9k

援護ピン刺されたことなんてほぼないけど刺されてる奴は地雷行動してるだけじゃねえの

475 名前:イーブイ速報:2021/11/28(日) 13:53:14.06 ID:xmQ

>>421
地雷行動してる奴が刺してくるんだぞ
煽ってきたバナがBDしにいってゴールも決められず倒されたの見て笑ったわ
俺がサンダーとって連続koしてゴール戻って連続koして逆転したのに
復活したバナがゴール決めに行ったの見てさすがに援護ピン刺した

432 名前:イーブイ速報:2021/11/28(日) 13:41:10.92 ID:HTT
援護ピンはマクロわかってない自己中ガイジか、猿蟹合戦後の蜂待ち中に無駄に突撃しまくる奴しか使ってるの見たことない
 他3人の味方が可哀想なのはガチ
「ネタ」カテゴリの最新記事
「ポケモンユナイト」カテゴリの最新記事

コメント

コメントを残す


ページトップに戻る▲